北アルプスと呑み歩き

今年も信州の大町で開催された呑み歩きイベントに行ってきた。今年は天候もよくて開始から終了までひたすら呑み歩いたなあ・・。宿は信濃大町駅近くで、歩いて戻れるところにとっておいてよかった・・。

前日は松本に行っていて、いつもの居酒屋でやはり日本酒をいただく。佐賀の日本酒も好きなのだが、信州の酒も大好き。いやでも、新潟や山形も忘れられない・・と考えると基本的に日本酒が大好きというスタンスなのだな、ぼくは。

呑み歩きイベント前には、黒部ダムと立山へ行ってきた。最初はダムだけみて来ようかなという軽い気持ちだったのだが、あまりの天気の気持ちよさに、つぎつぎ切符をもとめて上に登ってしまい結局北アルプスをくぐり抜けて富山の室堂まで。

室堂ははじめて来たのだが、ちょっといってみるかという軽い気持ちでこんなところまで来られてしまうのか!という絶景だった。ベンチに腰掛けてみくりが池の風景を眺めていたら、近くにいた見知らぬお姉さんが「これが9800円の景色か・・」といっていたのが印象的。

そう、ここまでのトロリーバスやケーブルカー、ロープウェーの往復交通費のことだな・・・。僕としては、映画館で数本みる映画をやめにしても実体験としてこの風景と空気と、そして美味しい湧き水を楽しむ価値はあると思う。