ブラジルへの旅

2014年から2015年にかけての年末年始はブラジルで過ごしてきた。フランクフルト経由で飛行機乗っている時間だけで24時間近く。トランジット入れると32時間・・かな。

移動しているときはずっと「なんでこんな旅出たんだろう・・」と思ってしまうくらい面倒だった。

しかし、リオデジャネイロについて、街歩きをしているうちにこのからっとした空気感や、思った以上に安全な街の様子など旅に慣れて行くにしたがってどんどん楽しくなってきた。

とくに、200万人も集まったコパカバーナでの年末年始は圧倒的。15分も続く新年の花火もそうだし、そのあとにSeo Jorgeのライブを聴けたのはもうほんと幸せだった。

なかなか行けるようなところじゃないけれど、最初に思っていた以上に楽しめる旅になった。