とある冬の週末、都内を散歩

とある冬の週末、都内でも普段はあまり出歩かない芝公園から六本木にかけて散歩して歩いた。

芝公園のカフェで朝食を食べて、増上寺から東京タワーの横をぬけて東麻布へ。このあたりの裏通りは昭和中期の下町の雰囲気が残っていて、通りを走る高級車をのぞけば映画のなかのようだ。

都内にこんな趣があるところが残っていたなんて知らなかったし、面白かった。今回は冬の寒い光のなかだったけれど、時期を変えてまた散歩してみるのも楽しそうだ。

ここから六本木までの坂道を登っていくと途端、時代は近未来な六本木ヒルズ。森アーツセンターでやっていた展覧会をみたあとランチを食べて外に出たら、すっかり夕暮れ時。
ヒルズから眺めた東京タワーを眺めながら、東京って意外と小さいものだなと思った。

六本木